So-net無料ブログ作成
検索選択

札幌は蝦夷梅雨です

札幌 紅茶でラプサンスーチョンを飲みなが札幌 占いの話などをしてきました。

もうすぐ7月だというのに、札幌は寒いです。雨がじとじと降っています。

これは本州で止まっているはずの梅雨前線の影響が及んで、北海道の低気温といっしょになっているのですね。

こんな話があります。

梅雨に関しても、北海道にはないといわれていますが、実際は存在しています。「蝦夷梅雨(えぞつゆ)」と呼ばれる北海道独特の梅雨は、もちろん本州の梅雨とはぜんぜん違います。2週間くらい雨の日が続き、晴れてもちょっとだけですぐに雨になる・・・。そんなぐずついたはっきりしない天気が続きます。これを蝦夷梅雨と呼んでいるわけですが、はっきりいってこんなの梅雨経験者からすればなんもたいしたことないです。  本州(内地)が梅雨で苦しんでいるとき、北海道ではすっきりした過ごしやすい天気になっています。もちろん暑いじめじめした空気というのはありません。蝦夷梅雨になったとしても、道産子はなんも意識せず、ただただ「天気悪い日続くねぇ」で終わってしまいます。したがって、厳密には違いますが、「北海道には梅雨がない」ということでいいのではないでしょうか。


ただね、北海道の夏は短いんですよ。海に入れる日なんてほんの数日なんですから、短い夏を満喫するためにも6月は晴れてほしいんですよね。

なにしろ、1年の半分は秋冬の服装をしなければならないわけですから、蝦夷梅雨はこないでほしいものです

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。